So-net無料ブログ作成

テルテルボーズさんの荒川釣行記

令和元年 9月25日 (水) AM 9:30 晴れ

テルテルボーズさんから、那珂川水系の荒川釣行記が届きましたのでご紹介いたしますo(^o^)o

………………………………………………………………
今年も遂に竿仕舞いの季節になりました。

鬼怒川のJR近辺にも名残惜しそうな釣り人が数人竿をだしてました。

今年は囮が残り少ないからと言われていたので、岩本養魚場に電話すると「まだありますよ」とのこと。

正直、5匹未満なら竿納めかな・・・と思い、天気もいいのでゆっくりめの10時出発。

荒川に着くと先客がいて、ちょっとガッカリも、早お昼を食べてたのか移動してくれました(^_^;)

11時開始、深瀬で20分程泳がせたり引いたりしても無反応・・・でもこれは想定内、今の荒川午後からが本番。

30m下流の浅トロでコン!と当たり、滅茶小さかったが囮を交換。
すると10m下で直ぐにゴン!22cmの囮サイズだ。これでビンビン泳がせるが一向に当たらない。やはり魚が薄いのか?

12時を知らせるオルゴールがなり、仕方なく深瀬に戻る(この時点で少し諦めモード)

縦に黒い筋の岩盤をそろそろ引き上げると、ガツン!
いい当たりの22cmが背掛かりで来た。更に少し上流でまたガツン!
ややっ!!時合かな( ̄□ ̄;)!!
5匹目、ガッツンと来たらハリス切れ、まだ大きいのもいるんだな、針を7.5号に上げるが次が来ない。またシーン状態が続く。

ここを見切り下流へ移動、辺地スレスレの深めを探るとゴン!本日最大の25cm、次も、次も良型が揃う。
鮎も利口だな、投網が打てないポイントにはいいサイズが入ってる。

このあとあっちこっち探って2匹追加も3時15分前に雨が降り出し、西の空が真っ暗なので逃げるように納竿。あと1時間はやりたかったな(T^T)

何とかツ抜けてホッとしました。
荒川の鮎、まだまだ若い。雄を20分以上引いても全く黒くなりません。
これから増水して気温が下がれば、今度は落ち鮎が楽しめます。

竿仕舞いもうちょっと先のようです(^o^)

IMG_9376.JPG

…………………………………………………………………

テルテルボーズさん、いつも有難うございますm(._.)m
今シーズンも残りわずか!
どうぞ楽しんでくださいね(*^▽^*)
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。