So-net無料ブログ作成

テルテルボーズさんの荒川釣行記

令和元年 9月14日 (土) AM 8:38 曇り

テルテルボーズさんから久しぶりの釣行記が届きましたのでご紹介します(*゚∀゚*)

………………………………………………………………

朝から寒いような陽気でどうしようかなと思ってたら、娘2号が「今日釣れればいいね」と言うので半分仕方なく出掛けてみました(ToT)。

那珂川は烏山大橋、小川も攻められ過ぎか全く数は出ず、箒川もいいポイントは人だらけ・・・で小さい。
那珂川水系今年は鮎が少ないですね。
正直竿仕舞いかなと考えてました。

一体何処がいいのか毎日のように思案、10年以上前10月に大釣りした荒川へ行ってみました。

だーれもいないポイント、小雨が降りだした午前11時スタート。囮を瀬に送り込むと流されて沈まない、ダメだこりゃー!
何とか岩盤にねじ込むと即ガッツーン!
ありゃ、もうきた!抜こうとするも抜けない。結構大物か、最初の1匹目なので慎重に寄せて取り込もうと水際に寄せるが途中で動かない・・・
何と掛かりシンダイでバレ、囮は早くもギブアップ(T^T)

囮を替えて再度5.0m上の岩盤に送り込むとまた直ぐにガッツーン[exclamation]?今度は流芯から引っこ抜くと20cmの囮サイズだ。何とこれから12時迄の1時間、本当に久しぶりの至福の時間が・・・。

今年はもう、こう言う釣りは出来ないと思ってました。
錆び等全くないピッカピッカの鮎ばかりでほぼ背掛かり、引きも凄かった(^o^)

根掛かり等のトラブルでー4匹も、本当に久しぶりの鮎釣りが堪能出来ました。ウエットならもっともっと攻められたのに・・・。寒いのでウエーダーにしてしまい根掛かりも外せず残念。

本日は一本瀬のポイントなので取り込みはキツく、何時親子丼になってもおかしくない状況(使い込みのメタル0.05)でしたが、その分ハラハラで楽しめたかな(^o^)

最大26cmは157g。
瀬の中でも緩くて変化があり、岩盤底が良く追いました。ただの強い瀬は追いがありません。
次回はウエットでもう少し攻めてみたいです。

IMG_9306.JPG

………………………………………………………………

テルテルボーズさん、本当に今年は厳しい釣行が続きますがさすがです!
いつもいつも情報をありがとうございますm(._.)m

シーズンももう終盤ですが、お身体を大切に、残り少ない鮎釣りを楽しくお過ごしくださいませ(*゚∀゚*)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。